電話予約 あおい歯科 こども歯科
TOPへ戻る

矯正歯科

矯正治療(成人&小児)

歯並びについてのご相談は無料です。
検査や診察、カウンセリングをしっかりと行い、患者さまと治療方針について説明を行います。ご理解頂いたうえで治療をしなければ意味がありません。どのような治療に、どのような意味があるのかしっかり説明していきます。
費用についても、高額な治療をなりますのでお支払方法のご相談にも応じています。 料 金 : 35万円〜(税込み) Before Before
↓ After After

小児の矯正について

子供の矯正治療を始める時期は?

子供の矯正にはⅠ期治療とⅡ期治療があります。

Ⅰ期治療(骨格矯正)…7歳頃〜11歳頃

噛み合わせに異常があった場合でも、成長過程で治る可能性があります。経過観察を行いながら必要が生じる場合に治療を行います。床矯正等で抜歯のリスクが軽減されるので早期の診察をお勧めしております。

Ⅱ期治療(歯列矯正)…11歳頃〜

永久歯へ生え変わった段階で、ある程度の治療方針が決まってきます。次は、骨の成長を診ながら調整していきます。

小児矯正(子供矯正)では、お口の状態により治療目標が異なります。

小児矯正の場合は、症例によって治療を開始する時期が異なります。また、治療を開始する時期によって治療の方法が異なりますので、患者さまごとに治療方針をご説明しております。

Ⅰ期治療(永久歯が生えそろっていない時期)

噛み合わせに異常があった場合でも、成長過程で治る可能性があります。経過観察を行いながら必要が生じる場合に治療を行います。床矯正等で抜歯のリスクが軽減されるので早期の診察をお勧めしております。

早く治療をしてあげるメリット

永久歯の抜歯の可能性が減ります。

顎の骨の成長を促す事で、永久歯の抜歯をせず治療を行える可能性が高まります。抜歯のリスク軽減として小児矯正は、メリットが高いと言えるでしょう。

顎の左右のバランスを整えます。

噛み合わせを整える。噛み合わせが悪いまま放っておくと、左右のバランスが悪いまま咀嚼を繰り返す事になります。さらに歯並びや咬み合わせを悪化させる原因となります。

外科矯正の可能性を減らせます。

咬み合わせが悪化をすると、骨の成長へ大きく影響してしまいます。放置し骨の成長が止まった頃には、矯正治療だけではかみ合わせを改善することができず、大きな外科手術を必要とする場合があります。

仕上がりが良くなります。

口腔内全体のバランスを診ながら治療が行える為、矯正治療後の仕上がりにも大きく差ができます。

固定式装置の期間を減少させます。

幼少時に予め土台を作り上げる事で、第Ⅱ期の治療期間を短縮することができます。

コンプレックスの解消

顎の骨の成長を促す事で、永久歯の抜歯をせず治療を行える可能性が高まります。抜歯のリスク軽減として小児矯正は、メリットが高いと言えるでしょう。

成人の矯正治療

最近では、成人の方でも矯正治療をする方が増えてきています。お子様と一緒に通うお母様もいらっしゃいます。
成人矯正の場合は、症例によって装置や矯正期間が異なります。お仕事の都合などの患者さまの背景をお伺いし、一緒に治療方法を決めていきます。
お一人で考え込まず、まずは一度ご相談ください。

お気軽にお電話ください

あおい歯科 こども歯科

052-879-6487

〒458-0801 名古屋市緑区鳴海町字水広下93-10

診療時間 医院案内・アクセスはこちら